CANVAS HOME株式会社

北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?

  • facebook
  • twitter
  • line
  • instagram
不動産無料査定 購入を検討の方はこちら
instagram
line

北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?

北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?

2022/01/17

北九州市でマンション売却をするなら築古・築浅と価格の関係を理解しておこう

ホーム > 北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?


北九州市でマンション売却をする際、築年数が大きく価格に関わります。築年数とは、建物が完成してから経過した年数のことです。これは価格にどのくらいの影響を与えるのでしょうか?

また、売却を決めるのに最適な築年数についても気になるところです。

今回は、マンション売却前に知っておきたい築年数について解説していきます。



築古?築浅?築年数について

築年数を語るときに聞くワードとして、築古・築浅があります。日本では、築古だと判断されると売却価格は安くなります。一方、築浅だと判断されると、価格もそれなりに見込めるでしょう。


具体的な年数についての定義はあるのでしょうか?実は築浅と築古は、便宜上不動産業界で使用しているだけで、明確な定義は存在していません。

不動産会社の中でも、認識には多少のずれが見られます。一般的なラインとして、築30年以上の物件を築古、築5年以内の物件を築浅としているところが多いようです。


売却価格を左右するこの築浅、築古の感覚は、実際のところは築年数だけで簡単に割り切れるものではありません。

その理由は、建物の構造によって、建物自体の耐用年数が変わってくるからです。構造によって、建物には法的耐用年数が定められています。

耐用年数とは、一般的な使い方をした場合において、その建物を買い替えなくても耐えうると思われる年数のことです。これは寿命ではありません。

寿命は、メンテナンスの具合や土地柄(地震や台風が多い地域かどうかなど)によって変わります。


築年数が同じでも構造が違えば、建物の耐用年数が違うため、その建物が古いといえるか、まだ新しいと考えるかの違いが生まれてきます。

具体的な法的耐用年数は、以下のとおりです。


・木造:22年

・鋼材の厚さが3mm以下の軽量鉄骨造:19年

・鋼材の厚さが3mm超4mm以下の軽量鉄骨造:27年

・鋼材の厚さが4mm超の軽量鉄骨造:34年

・重量鉄骨造:34年

・鉄筋コンクリート造:47年


適切なメンテナンスをしているか、地盤の強弱はどうかなど、様々な要因で建物の寿命はこれ以上の年数であることが多いです。売却価格の査定に関係する築古、築浅の考え方は、上記の耐用年数を考慮に入れることが一般的です。


築古・築浅のマンションを売却したい方は、キャンバスホームにご相談ください。無料の査定も実施しています。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



築年数がマンションの買取価格へ与える影響

欧米では、年数が経った家ほど価値のある建物として扱います。一方、日本では新築物件が好まれる傾向にあります。

中古にしても、築浅の建物ほど好まれることが多く、価格も上がります。売却を検討しているのでしたら、早いに越したことはありません。


一般的なマンションの構造は鉄筋コンクリート造(RC)、またはそれよりも耐久性や耐震性に優れている鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)です。そのうえで、築年数が買取価格へ与える影響を考えてみましょう。


まず、築5年以内は新築価格の80%程度で査定されることが通常です。築6~10年のものは、5年以内のものと比べて平米単価が約16%下落します。

この下落幅は、以降10年間の下落幅と比べて一番大きいです。築11~20年のマンションは、築浅の5年以内のものと比べて25~35%下落してしまいます。


築21~30年となると、築5年以内の物件のおおよそ半額。それ以降も価値は下がっていきます。


とくに築20年を超えてしまうと、物件自体だけでなく、水回りなどの様々な設備の耐用年数が気になるでしょう。大掛かりなリフォームが必要になると、お金がかかってくるので、そうなる前に売却するのが賢明です。


築30年を超えてくると、リフォームが必要になる可能性が高く、またマンションの耐用年数にも近づいてくるため、5年以内と比べると、60%以下になります。


古いマンションを売却したい場合には、キャンバスホームにご相談ください。高値で売却できるよう、サポートさせていただきます。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



北九州でマンション売却をお考えならキャンバスホームへ!

北九州市は、福岡県のみならず九州地方でも住宅需要が上がっている地域です。物件価値は上がる傾向といっていいでしょう。

しかし、市の経済状況は過去と比べて落ちているので、マンションの売却を検討している場合は、なるべく早めに動いた方がいいでしょう。築年数を考えても、早い方が買取価格も高くなります。


キャンバスホームは、北九州でのマンション売却のサポートをしています。これまでの知識と経験を活かして、お客様の快適な暮らしをご提案いたします。

売却期間中に発生する毎月のランニングコスト(管理費・積立金・駐車場代・電気代)はキャンバスホームが負担することが可能です。マンション売却をご検討中の方は、ぜひお問い合わせください。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



コラム一覧

1.北九州市で不動産売却(マンションなど)!中古マンション売却の基礎知識

2.北九州市で不動産売却!中古戸建て売却の流れと一戸建て売却の査定ポイント

3.北九州市で不動産売却(家・土地など)!住み替えの方法とメリット

4.北九州市で不動産売却!築古の空き家を売却する方法を解説

5.北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?

6.北九州市でマンション売却!不動産を相続したら住み替えをするべき?

7.北九州市でマンション売却・査定!住宅ローン利用時の買い替えについて

8.北九州市でマンション売却!不動産会社に相談する前に相場を調べよう!

9.北九州市で不動産仲介!マンションを売却するなら最適な会社を選ぼう!

10.北九州市で不動産仲介!一戸建て・土地など不動産の査定方法を解説

11.北九州市で不動産仲介!住み替えの相談は同じ会社がいい?

12.北九州市で不動産仲介!中古住宅・空き家・土地の売却にリフォームは必須?

13.北九州市戸畑区で不動産売却!マンション・一戸建て売却のタイミング

14.北九州市戸畑区で不動産売却!相続した土地を売りたい!土地売却の基礎知識

15.戸畑区で不動産売却!訳あり空き家の売却前に知りたい瑕疵の種類

16.北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?



北九州市でマンション売却・査定依頼ならキャンバスホーム

会社名:CANVAS HOME株式会社(キャンバスホーム)

住所:〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生2丁目10−19 5B ASO NEW SHINING BLD

営業時間:9:00~18:00(年中無休、盆・年末年始除く)

電話番号:093-871-8470

メール:kikaku@canvashome-t.com

代表:坂口 洋介

宅地建物取引業者免許番号:福岡県知事(1)19661号

事業内容

・マンション、戸建住宅の企画立案及び販売代理業

・不動産の売買、仲介、斡旋、賃貸借及び管理

・不動産の有効活用に関する企画、調査及びコンサルティング業務

・損害保険取扱い

加盟所属団体

・福岡県宅地建物取引業協会

・九州不動産公正取引協議会

URLhttps://www.canvashome-t.com/

----------------------------------------------------------------------
CANVAS HOME株式会社
〒804-0062
住所:福岡県北九州市戸畑区浅生2-10-19 5F-B
電話番号 :093-871-8470
FAX番号 :093-871-8471


北九州市で買取対応の不動産会社

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。