CANVAS HOME株式会社

北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?

  • facebook
  • twitter
  • line
  • instagram
不動産無料査定 購入を検討の方はこちら
instagram
line

北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?

北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?

2022/01/17

北九州市戸畑区で不動産売却!古家付きの土地や中古マンションを高く売るためのコツ

ホーム > 北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?

北九州市戸畑区で不動産売却をご検討中の方はキャンバスホームへ。古家付きの土地、もしくは中古マンションを売却する場合、コツを知っておくことでスムーズな取引ができる可能性が高くなります。

それぞれの売却のポイントについて、解説していきます。



古家付きの土地を売却するコツ

古家付きの土地とは、建築されてから年数が経過した家が敷地に建てられている状態の土地を指します。


古家の一般的な目安は、約20年以上の建物のことを指します。また、建物の傷みが大きいため、居住できる状態ではなく、取り壊す必要がある建物のことも古家といわれています。


古家付き土地を売却する方法は、2通りの方法が考えられます。それぞれについて、見ていきましょう。



建物の解体をして更地にする

最初の方法は、建物の解体工事を行い、更地で売却することです。更地になっていると、土地の状態を確認しやすくなります。また地盤調査や建物の建築もすぐに着手できるので、土地に新たな建物を建てることを目的としている買い手のニーズが高くなるというメリットがあります。


デメリットは、古家の解体費用がかかることです。解体費用の相場は、木造住宅の場合、1坪あたり約3万円、鉄骨住宅の場合は、1坪あたり約4~5万円といわれています。

更地にすると、古家付きの土地として売り出すよりも、固定資産税が割高になることも注意が必要です。



古家をそのままの状態で売却する

古家は解体せずに、そのまま古家付きの土地として売り出す方法もあります。築20年以上でも、比較的新しく、居住するのに問題がない状態であれば、そのまま暮らしてもよい、価値があると捉えられるケースもあるのです。


また、近年は年数が経っている古い建物は古民家とも呼ばれており、リノベーションをする目的で、あえて古家付きの土地を購入する方もいます。


さらに、建築基準法や、市街化調整区域に指定された等の事情で、建て替えが困難な土地もあります。その場合は、新たな建物を建てることができませんので、更地にするよりも古家付きの土地として売り出すことになるでしょう。


どちらの売却方法にも、長所と短所があります。土地の状況やニーズによっても異なりますので、不動産会社と相談して、自分の希望と需要に合った方法を選ぶことで、スムーズな売却につなげることができます。


不動産売却をお考えでしたら、キャンバスホームをご利用ください。お客様の大切な資産を後悔なく売却できるようサポートいたします。プライバシーの保護なども配慮していますので、安心してご相談ください。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



中古マンションを売却するコツ

築年数が古いマンションの売却を検討している場合、どのような点に注意するべきか、詳しく解説します。



マンションの価値は築年数で変わる?

分譲マンションの価値は、新築されたときが最も高く、その後はどんどん下がっていきます。一般的に、築10年で分譲当初の7割程度の価格になり、20年になると半分程度の価値になってしまうのです。


築20年になると、価格はほぼ下げ止まります。築30年~40年とさらに経過すると、ゆるやかに価格は下降していきます。


分譲マンションのほとんどが、鉄筋コンクリート造です。建物自体の耐用年数はとても長く、100年ともいわれています。しかし建物そのものには問題がなくても、年数が古くなればなるほど、必要な設備は劣化していき、居住するのに不便になっていきます。



築年数が古いマンションならではのメリット

近年、新築マンションの価格が上がったこと等の事情で、中古マンションのニーズが高くなっています。築年数が古いと、その分抑えた価格で物件を入手できる、ということが大きな理由です。


また、マンションには既に他の入居者がいます。誰も入居していない新築マンションと比べると、マンションの管理がどのように行われているか確認ができます。また、共用部などの状態もチェックしたうえで入居できます。


そして、古いマンションは、人気がある場所や、便利な立地条件で建てられていることが多いことも理由の1つです。

中古マンションの購入を希望している方は、立地を重視することが多いことから、たとえ築年数が40年を超えていても、需要があるといえるのです。



古いマンションを希望価格で売却するコツ

築年数が古いマンションを、なるべく高い価格で売却するためには、リフォームをせずに、現状のまま売りに出すことが大切です。


リフォーム工事をしても、その分価格が上がることはあまりなく、売却をしても工事費用と見合わないこともあります。また、近年では、築古のマンションを購入し、自分の好みのインテリアや設備にフルリノベーションをしたいと希望する方も少なくありません。


キャンバスホームでは、経験豊富なスタッフが的確なプランをご提案いたします。早期に売却したいというお客様は、不動産買取もご相談ください。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



古家付きの土地や中古マンションはニーズに合わせて売却するのがコツ!

古家付き土地や、築年数が経過しているマンションでも、一定のニーズがあります。需要がある理由や売却の方法、コツを知っておくことで、希望通りの価格で売却を進めることができます。

信頼できる不動産会社を見つけ、納得のいく価格で売却を行いましょう。


北九州市戸畑区で不動産売却をお考えの方はキャンバスホームへ。古家付きの土地や中古マンションの売却サポートを行います。

マンションの売却期間中に発生するランニングコストを負担することも可能です。不動産売却に関することでご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


TEL:093‐871-8470

お問い合わせ



コラム一覧

1.北九州市で不動産売却(マンションなど)!中古マンション売却の基礎知識

2.北九州市で不動産売却!中古戸建て売却の流れと一戸建て売却の査定ポイント

3.北九州市で不動産売却(家・土地など)!住み替えの方法とメリット

4.北九州市で不動産売却!築古の空き家を売却する方法を解説

5.北九州市でマンション売却!築古・築浅の基準とは?

6.北九州市でマンション売却!不動産を相続したら住み替えをするべき?

7.北九州市でマンション売却・査定!住宅ローン利用時の買い替えについて

8.北九州市でマンション売却!不動産会社に相談する前に相場を調べよう!

9.北九州市で不動産仲介!マンションを売却するなら最適な会社を選ぼう!

10.北九州市で不動産仲介!一戸建て・土地など不動産の査定方法を解説

11.北九州市で不動産仲介!住み替えの相談は同じ会社がいい?

12.北九州市で不動産仲介!中古住宅・空き家・土地の売却にリフォームは必須?

13.北九州市戸畑区で不動産売却!マンション・一戸建て売却のタイミング

14.北九州市戸畑区で不動産売却!相続した土地を売りたい!土地売却の基礎知識

15.戸畑区で不動産売却!訳あり空き家の売却前に知りたい瑕疵の種類

16.北九州市戸畑区で不動産売却!古家付き土地や中古マンションを売るコツは?



土地・戸建てが売れない悩み、戸畑区の不動産売却業者 キャンバスホームがサポート!

会社名:CANVAS HOME株式会社(キャンバスホーム)

住所:〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生2丁目10−19 5B ASO NEW SHINING BLD

営業時間:9:00~18:00(年中無休、盆・年末年始除く)

電話番号:093-871-8470

メール:kikaku@canvashome-t.com

代表:坂口 洋介

宅地建物取引業者免許番号:福岡県知事(1)19661号

事業内容

・マンション、戸建住宅の企画立案及び販売代理業

・不動産の売買、仲介、斡旋、賃貸借及び管理

・不動産の有効活用に関する企画、調査及びコンサルティング業務

・損害保険取扱い

加盟所属団体

・福岡県宅地建物取引業協会

・九州不動産公正取引協議会

URLhttps://www.canvashome-t.com/

----------------------------------------------------------------------
CANVAS HOME株式会社
〒804-0062
住所:福岡県北九州市戸畑区浅生2-10-19 5F-B
電話番号 :093-871-8470
FAX番号 :093-871-8471


北九州市で買取対応の不動産会社

北九州市のマンション売却なら

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。